RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

妖怪ゼニゲバ。

2010.03.31 Wed
Are You Gonna Be My Girl? / Jet

ジェットの出世曲?なんかな?
ダイノジの太った方がエアギターコンテストで演奏(?)
してたのはあまりにも有名w
ゴキゲンなチューンでも聞いときゃなきゃヤットレンでしょー!!
ハハハハ・・・w

前の記事の続きでヤンスヨ(ナメザエモン風)

それで今日の朝ちゅうか午前中に観たのが
ディス!!(マイケル風に)
トロイ
トロイ

基本的に有名作、話題作、大作と言われるものしか
観ないにわか映画ファンですw

これ観てなかったな~。

改めて観て思うのは
長いよ・・・ってことw

まああらすじを短めに
ふざけて綴ってみましょうw

3000年以上昔のぉ~ことぉ~じゃぁったぁ~。
ギリシャは隣国のトロイと和睦を結ぼうとしておったの
じゃが・・・
トロイの王子パリスがギリシャ(スパルタ)の王女ヘレンに
一目惚れしてしまいあろうことか
トロイに連れ帰っちゃいます。

怒ったのはギリシャのヘレンの旦那
ヘレンの旦那と申しましてもキヨシさんではありません。
まあその旦那の名前忘れたんでキヨシとしましょう。
キヨシとその兄ギリシャ王アガメムノンは
トロイに大軍を持って押し寄せます。

エライこっちゃあって思ったのは
パリスの兄でトロイの王子ヘクトル。

多勢に無勢ってほどでもないけど
数的には圧倒的有利なギリシャ軍、さらには
ギリシャには英雄アキレスがいる。

慌てて戦の準備をします。

ここに一大戦争「トロイ戦争」が開幕するのであった。

一進一退を続ける両軍でしたが
イトコをヘクトルに殺されたアキレスが
ヘクトルに一騎打ちを挑みこれを撃破!

さらにギリシャ軍は退却したと見せかけて
建造した巨大木馬に身を潜め
うまいことトロイ城壁内に潜り込み
一気に勝利を収めるのでありました~。

一方、アキレスは城内にて
パリスにアキレス腱を弓で射抜かれ死亡するのでありました~。

うーん。長い。

しかもどっちにも感情移入できる様な作りになってるためか
情勢が変わると日本人持ち前の
判官贔屓が働いてコロコロ感情が動いちゃいましたw
ヘクトル頑張れ、アキレスガンバレって。

あととっても思ったのが


「パリス助かってんじゃね~よ!!」

ってことですかねw
コイツの色恋のせいで(コイツ呼ばわりw)
一大戦争は始まったわけで
何千人って死んじゃったわけで・・・。

何度か
「僕のせいなんで死んできます。」
的なことを言うが
その度、誰かに止められたり助けられたりして
生き延びるんだよな~。

しかも最後にはアキレス討っちゃったよw
まさにごっつあんw

うーん。どうなんでしょう。
自分的には
キヨシとの一騎打ちのときパリスは力尽きた方が
しっくり来たと思うんだが・・・。
まあ歴史に一応沿ってる(?)んで仕方ないのかな。

アキレスはなぜアキレス腱が弱点か知ってますか?

神話ではアキレスのおっかあが
アキレスを不死身にしようと赤ん坊のときに
冥府の川にアキレスをつけます。
でもそのときおっかあがアキレス腱辺りを掴んでいたため
川に浸かっておらずそこだけ不死身じゃなくなったんですね~。

「耳無しホウイチ」的w


あ、逆か?


映画鑑賞が終わって
銀行に通帳の記帳に行きました!!

これ結構楽しみですw

どれぐらい貯まったかな~ってねw

どうだ~い?キモチ悪いだろう~。

現在預金額なんですが
今までの人生の中で最も数字が大きくなってる・・・
かも知れません・・・

んがあぁ・・・



来月にはローンの繰上げ返済で
ほぼスッカラカンなのよーーー!!(悲)

あ~大金があればな~。

道端に大企業の社長が倒れてないかな~?
まあだからどうなんだってトコロだが。

ウチの竹やぶにボストンバッグ落ちてねえかなあ~?
死体が入ってたら恐いけど・・・。

ウチのお馬鹿な犬が
「ここ掘ってみ。バウワウ。」的なこと
言い出さんかな~。
まあそれはそれでキモチ悪いが。

・・・・・・・

カ、カ、カ・・・

カネ、カネはどこだあぁ!!?
金持ちはいねがぁ!!?
マニマニマニーーー!!!
ギブミーマニー!!
ドンタッチミー!!


・・・・・・・。



ハッ!!?

今、自分
なんか言いました?

スポンサーサイト
Category:Jet | Comment(7) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。